診療内容1
Contents

インプラントとは?
インプラント治療とは、歯が抜けてしまったところに人工の歯根(多くはチタン製)を植え、顎の骨に固定した後に、その上に人工の歯を被せて、噛めるようにする治療法です。
取りはずしの必要な入れ歯がどうしても嫌な方、歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削りたくない方、 天然歯のような噛み具合を回復したいとお考えの方などにはインプラント治療は有効な手段です。
患者さんの全身的あるいはお口の状態により、インプラント治療ができない場合があります。詳しくはご相談ください。

メリット・デメリット
[メリット]
取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
インプラントは、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
自然な外観や表情を取り戻すことができます。
噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心まで健康にします。

[デメリット]
歯ぐきの状態、患者さんの健康状態によってインプラントを植えることができない場合があります。
通常の入れ歯に比べて、高価です。
手術が必要で解剖学的なリスクが生じます。
インプラントはむし歯にはなりませんが、いわゆる歯周病には、なる可能性があるります。術後のメンテナンスは不可避です。

インプラント治療後のアクターケアの重要性について
実はインプラント治療だけではなく全ての治療でも言えることなのですが、噛めるようになったからといって、それで安心、治療終了ということでは、残念ながらありません。
治療後の快適な状態を長く維持するためには、その後のアフターケアがとても重要です。
まずは患者さんご自身による、毎日の家庭での歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用したオーラルケアが大切です。それとやはり専門家による定期的な検診を欠かさないというのも必要です。日頃手の届かない所などチェックしてメンテナンスを怠らないということ、つまりホームケアとプロによるケアが車の両輪のように機能して行くことが長持ちの秘訣です。
                                            >>>詳しくはこちらをクリック!

インプラント手術の第一の基本は骨の中にインプラントを植えるということです。通常のレントゲン撮影で、十分な骨量が確認できない場合には、紹介病院にて、顎骨の断層撮影後、そのデータをアイキャット(株)にて3D画像化しより精確で、安全なインプラントの植立位置を決定します。

硬質レンジ前装冠 ※保険適用
表面はプラスチックです。耐久性に劣り、経年的に変色などが生じます。定期的(4〜5年)毎に交換すれば綺麗に使えますが、作り直すたびにご自身の歯が小さくなります。

メタルボンド冠 ※保険適用外
従来のセラミックの歯です。表面にはセラミック、内面・裏面には貴金属の合金を使用しています。耐久性に優れ、セラミック表面は変色しません。
歯科技工士が顕微鏡下で製作するため、より精確にできています。

ジルコニア冠 ※保険適用外
冠全体がセラミックで金属を全く使わないため、天然歯に近く、ごく自然で金属アレルギーの心配もありません。

12%金含有パラジウム冠 ※保険適用
いわゆる保健の銀歯です。

18金合金冠 ※保険適用外
金含有75%のゴールド冠です。耐久性には優れていますが、見た目に自然観がありません。

ミニインプラントとは?
下顎専用で、4本使用して、入れ歯安定用に使うインプラントです。下顎の総入れ歯がどうしても不安定で、使いづらいという方にお勧めのインプラントです。
 通常のインプラント(直径4.1mm)に比べて細く、直径1.8mmのインプラント体のため、やせた骨にも植えることが可能で、通常のインプラントに比べて安価にできます。
 

当院では、1ヶ月に2日、矯正専門医(保田好隆矯正指導医、元大阪大学歯学部歯科矯正学教室助教授)による矯正治療を行っています。
矯正治療のためのカウンセリング(装置説明・治療期間・費用についての説明)は無料ですが、カウンセリングのためのレントゲン写真などの保険負担額が必要となります。

「Change your smile !」という言葉をお聞きになった事はあるでしょうか?最近日本でも、笑顔で見える歯や口もとを気にされる方が多く見受けられるようになりました。「人の顔を見る時に、どこをみているか?」 そんな研究のデータによると、見ている時間のほとんどが目と口もとに集中しています。今やもう、口もとを演出する時代のようです。
しかし見た目だけでなく、それ以上に本来の歯の役割、お口の役割に弊害を与えることなく、機能面でもしっかりとした働きができるような治療が大切です。
当院では見た目だけではなく、機能面もしっかりと考えた診療を心がけております。
素敵な口もとになるための方法も最近では様々あります。当院では 歯科矯正治療(リンク)、ホワイトニングやタバコによる歯ぐきの黒ずみ、金属色でない被せもの(ラミネートベニア、メタルボンド、オールセラミックやハイブリッドセラミックインレーなど)など、より自然で美しい口もとに関するご相談をお受けしております。

■ホワイトニングとは
歯をできれるものなら白くしたいという希望は誰にでもあると思います。ところが今までは、健康な歯の場合では、削って被せるしか方法がありませんでした。しかし歯のホワイトニングは、アメリカではかなり以前から行われていて、その安全性や、効果は確認済みです。神経が残っているご自身の歯を、削ることなく白さを際だたせることができます。マイルドな漂白剤をご家庭で「ホームホワイトニング」と、歯科医院で強力な漂白剤を作用させる「オフィスホワイトニング」の二つの方法があります。オフィスホワイトニングは短時間で白くなるものの、白色がやや不自然な磨りガラス様で、効果もホームホワイトニングと比べてやや劣ります。それに比べて、ホームブリーチングは、患者さんが自宅でできるため、きっちりと、管理さえしていれば安全性の面でも問題なく、色もより自然でホームホワイトニングのほうが一段と明るくなるようです。

【注意事項】
(1)一時的な知覚過敏が生じることがあります。
(2)時間とともに色が元に戻る「後戻り」現象があります。オフィスホワイトニングに比べて、ホームホワイトニングの方が、後戻りは遅く、またより自然な白さになるため、当院ではホームホワイトニングを採用しております。
(3)薬剤による歯の着色等、ホワイトニング効果があまり期待できない場合や、適応症でない場合があります。

                          >>>ホワイトニングに関するQ&Aはこちらをクリック!

■白い歯の材質についての説明
【プラスチック材料】
健康保険で使える白い材料。安く白い治療が可能は反面、吸水するため4〜5年で色が変わりやすく、表面がすり減り安い欠点があります。詰め物にも、かぶせる歯(冠は前歯のみ保険適用)にも使えますが、噛み合わせの力のかかりにくい比較的小さな虫歯の治療に使用します。

【ハイブリッドセラミック材料(エステニア)】
保険外の治療です。
セラミックの微粉末をプラスチックで固めた素材。プラスチックより見た目が歯に近く、耐久性が向上しており、セラミックより柔らかくて弾力性があります。長年の使用にて劣化が見られるなどセラミックよりも耐久性の面で劣りますが、天然の歯に近い堅さ、弾力性を持っているので歯に優しい材料です。奥歯の金属の代わりに使用します。

【セラミック材料】
保険外の治療です。
磁器(高温で作る陶器)で出来た歯です。天然歯に近い色合わせや細かな特徴も出せる表現力があり、硬くてすり減らず、長年の使用でも色が変わらないなど、強度と耐久性の高い材料です。また表面に汚れも付きにくい為、虫歯になりにくい特徴があります。
金属にセラミックを焼き付けたメタルボンド冠とセラミック単体のオールセラミック冠の2種類があります。メタルボンド冠に比べてオ?ルセラミック冠は金属の裏打ちが無いため、より自然な色合いで、口腔内で金属イオンが流出する心配がないため、金属アレルギーの危険性もありません。
                     >>>具体的な修復方法について詳しくはこちらからご覧ください。

■歯茎のエステ(メラニン色素除去)
せっかく白い美しい歯もそのまわりの歯茎が黒ずんでいたら台無しです。
薬剤、高周波治療器、レーザーをもちいてメラニン色素を除去すると美しい淡いピンク色の歯茎がよみがえってきます。処置には麻酔が不要な場合が多いです。必要な場合であっても塗る麻酔程度で大丈夫です。一週間できれいなピンク色の歯ぐきになります。

Copyright(C)2008 大阪市住之江区 杉山歯科医院. All Rights Reserved.